エド伯父さん

エド伯父さんは、カラレア山の聖地を守るカフナ。 この土地にもう40年も棲み、このヘイアウに使えている。 ヘイアウとは、ハワイの言葉で、神聖な土地を示し、「光を高める」という意味がある。 光が高まる土地だから、エド伯父さんが植えた樹たちは成長が早い。 だから、逆に、背高のっぽの樹たちが太陽を遮って、影を作ってしまう。 そこで呼ばれたのが樹の職人たち。 エド伯父さんが指定する樹を剪定し、光の入りをよくして、本来のヘイアウの役割が果たせるように自然を尊敬しながら、それを調整してゆく。そして、剪定された樹から大きな器を作り、その資金を土地の管理と伯父さんの生活費に費やしてゆく。malama aina (土地を尊重する)想いと行動が、伯父さんのライフワークを支えてゆく。 エド伯父さんのシンプルライフは、アロハの息吹の生き様のよう。 樹の器は、ハワイの物語「光の器」を想い出させてくれた。 ヒトは「光の器」を持って生まれてくる。 それは光り輝く器。 でも毎日の生活や経験を通じて、その器に石が入る。 石がたくさん入ると、器の輝きもあせてしまう。 だから、時には器を逆さまにして、石を外に出し、再び本来の輝きを取り戻す必要がある。だから、ハワイの人たちは、一日の終わりに海に入り、器の輝きを綺麗にする習慣を子供たちに教える。 カラレアヘイアウに育つ樹から生まれる器。 それはきっとすばらしい器になるだろう。 そして、その「光の器」は、私たちの本質を想い出させてくれる器になることだろう。

True Love

赤いアンダラクリスタルとワーク それが女神ペレ、そしてハワイのラブストーリーを紐解いてくれた * 若いハワイ人のオヒアとレフアは恋人同士。とてもハンサムなオヒアに心を惹かれた火山の女神ペレは、求愛するが、レフアを愛する彼はペレの想いを撃ちたった。彼の選択に嫉妬心と怒りを燃やし、ペレはオヒアを樹に変えてしまう。ペレの愛が叶わないなら、誰もオヒアの心を射止めることができない!と。レフアは悲しみに溺れ、それを可哀想に思ったペレは、後に、レフアを花に変えオヒアの樹に添え、再び恋人たちはひとつになることが出来た。 このハワイの神話のインスビレーションは『誠実な愛』 レフアの花を摘むことで、雨が降ると言い伝えられ、それは、愛するオヒアから話されてしまったレフアの涙であると言われている。 * レフアとオヒアのお話から届いたインスピレーションが、この「オヒアの棒」 炎に灯し、香りを、熱を感じながら、レフアとオヒアの愛をあなたの心で感じてみてくださいね。 誠実な愛の波動があなたをいつも包んでくれますように * ご注文ご希望は、お気軽にメールで 1woodcrystal@gmail.com

Dream colored rainbow…夢の描き方

draw draw your dream… what is your theme…? is a good place to start! ask your heart to reveal your mythology… your soul’s true desire… ask your spirit to open your heart’s eyes to see, feel, hear, taste your journey… every moment is fresh with infinite possibilities! …bring it on!!! you are the source *~* […]