twin club

ツインソウルが引き合って ラブストーリーを描いている時期なんだよって お友達が話していた。 それなら わたしたちの出逢うカップルはみんなツインソウルカップルっていう夢物語を描くことにしよう! 、

Flower of Life

. わたしのBelovedは、わたし内なる輝きで、わたしのSoul Mateは、出逢う全ての人。 わたしたちみんなが愛の結晶で、それぞれの愛の物語を、ひとつの光の無限数に存在する水滴のひとつとして体験してる。 そんな風に想うわたしって、フワフワして生きているのね、って言われそう。 でもフワフワしてると、どんな出来事に遭遇しても、そのシナリオを辛抱強く、ケ・セラ・セラで体験してゆくと、やっぱりラブストーリーになってしまう。 無限幻想のラブストーリー。 それを生きるわたしたち。 そうだったら想像という魔法を使って、悲劇のヒロインのシナリオを永遠に幸せのハッピーストーリーに書き換えてもいいと思わない? 現実でガクッとくる時があったら、わたしたちってみんな星くずなんだよってことを思い出してごらん… 星くずだから無限の宇宙とひ と つ! ハッピーシナリオを生きるとっても簡単なヒント、それは、「ありがとう」のお花に氣付くこと。 毎日の生活を「ありがとう」の眼鏡で見ること。 そうすると、わたしたちの周り咲いている「ありがとう」のお花の香や色が、「ありがとう」のお花畑へとわたしたちを案内してくれるよ。