trying too hard

it is all about others… she cannot see herself… she needs others to see her… through her memories…through her encounters… she sees her through their eyes… memories… …wishes… she steps into his place… hoping to find a crue… finding a way to be liked by him again… his place is where she likes to be… […]

Just be…

JUST BE i know…i see… how i withdraw when i am in my power… i know…i see…how i am stucked in the past…unable to release HOPE for the life that I wish I could live… i know…i see…the way i express my light… bright spark and overload, then, shatter… like a super intense jet coaster […]

frequency of consciousness

i can take on when others share their frustrations and anger… i can take on …quietly listen… be a space for them to talk… but i can take on only so much… when it become too much… i cannot handle waves of JOY any longer… i can listen to you dear, because i have a […]

過去

たった一時のエンカウンターに、なぜこれほど心が揺れ、マインドが制約されてしまうのだろうか? 時間にしてみたら、数分間。永遠の宇宙の時間から考えたら、瞬きにも及ばない、そんな時空のすれ違いだけなのに、走馬灯のような記憶と、痛みと、愛と、苦しみと、執着と、拒否感が混ぜ合わさって、埋もれいている。 懸命な見解と冷静な姿勢、そしてカルマや輪廻転生の視野から見つめたら、当然にして出くわす出来事なのに、これまでにして心が揺れてしまい、もう6時間以上もの時間が経過しているにも過ぎず、ウズウズするこの感覚を手放すことができない。まるで中毒だ。 普通の出来事なんだよ。知っているヒトが車の窓から手を振って、しばらく私の車の後ろをドライブしていた、ただそれだけの事実なんだ。 相手は、「ハロー」を発信していただけなんだ。 それなのに、わたしは現実から遠ざかり、過去に戻り、その記憶に埋もれて、感情の揺らぎを体験し、呼吸することを、見つめることを忘れてしまっている。 当然、この出来事は、今朝のわたしの行動がドミノ倒しの最初の一コマになっていて、この人の存在を今日という時空に描き出したのは、まさにマインドパワーの仕業なんだ。 大切な時間とエネルギーをこのことで無駄にしている、それを分かりながらも、ライフを浪費しているんだ。 鮮明な境界線を持つことの大切さと、意志の強さを躊躇せずに表現することの必要性を学んでいる最中、この出来事との出逢いは、いかに感情の成熟が不可欠であるかを証明する半面鏡なんだ。 相手にしてみたら、ただの気さくな仕草。それをこれほどまでに重たく背負っている自分を見つめながら、ため息をつく。 解放してあげよう、この束縛と痛みから。もう繰り返す必要はない。 姿勢が緩いから、隙を作る。 今、何が大切か、それを鮮明にして、焦点を変えること。 一息、一息、繰り返すことのない贈物だからこそ、同じ経験と同じ失敗を繰り返す必要はない。 統合性、それを実践すること。 欲求不満を解放し、大切なことにエネルギーを使うこと。逃避はもう止めよう!